【年齢層別】結婚相談所に登録する理由を紹介!婚活スタートにベストなのは何歳?

お見合いに手土産は持って行くべき?

お見合いに手土産は必要?必要ではない?手土産を持っていくべきかどうか説明します。

基本的にはなくてよい。お相手とはお見合いで初めて会うので、「初対面の人から、いきなり物をもらうのは気が引ける」という人もいます。また、交際するかは分からない状態で、手土産をもらうと断りにくくなることもあります。結婚相談所でのお見合いで、お相手に対して手土産を持っていくというルールや常識はありません。お相手もそういう認識のはずですから、基本的にはなくてよいでしょう。そして、自分は手土産を用意していないのに、お相手が持ってきた場合でも負担に感じることはありません。

手土産は相手に気を使わせてしまう可能性も。手土産は、お相手に気を使わせてしまったり、プレッシャーを与えてしまったりする可能性もあります。手土産を用意した場合は当日の温度感で「渡す」「渡さない」の判断をするとよいかもしれません。

手土産選ぶときのポイント。自分のために時間をつくってくれた感謝の印として、「ちょっとした手土産を渡したい」という考え方もあります。お見合い相手と交際するかはともかく、自分のために時間を割いてくれた感謝の気持ちを、手土産を渡すことで伝えることができます。また、遠方からお見合いに来てくれた場合なども、お礼として手土産があると配慮がある人という印象を持ってもらえるかもしれません。もしお見合いに手土産を持っていく場合、どんなことに気を付ければよいのか、手土産選びのポイントを押さえておきましょう。

500~1000円程度でよい。手土産は高いものを選べばよいというわけではなく、お相手が気を使わない程度というところがポイントになります。金額としては、500~1000円程度で問題ありません。「お見合いに来てくれたお礼」「お茶代のお礼」といった、気持ち程度と考えればよいでしょう。

なくなるものがよい。ハンカチやキーホルダー、アクセサリーなどの残るものは避けた方が無難です。残るものはうまくいかなかったときにお相手は困ってしまいますので、お菓子や食品など、なくなるものを選びましょう。品物を選ぶポイントとしては、自分の好きなお菓子屋さんやメーカーのものを選ぶと安心ですし、自分の好みを伝えることにも繋がります。また、自分が住んでいる地域のお菓子を渡すのもおすすめです。お相手は喜ぶでしょうし、会話のきっかけにもなります。

荷物にならないものがよい。お見合いの日は、お相手はそのまま出掛ける予定があったり、他のお見合いがあったりする可能性もあります。心遣いとして、荷物にならない程度の重さや大きさなどに配慮しましょう。

手土産を渡すなら帰り際がベター。手土産を持っていく場合は、お相手に渡すタイミングも重要です。「今日はよろしく」という意味合いも込めて、会ってすぐに渡したくなる気持ちも分かりますが、お見合いの最初に渡してしまうとお相手の手荷物になってしまいます。また、お相手が手土産を用意していなかった場合、余計な気を使わせてしまうことにもなります。手土産を渡すなら、帰り際がベターです。今日のお礼の気持ちを込めて、帰り際に「楽しい時間をありがとうございました」「ごちそうさまでした」と、ひと言添えて渡すとよいでしょう。

手土産は必ずしも必要ではない。

お見合いに手土産は絶対に必要なものではないということが分かりました。しかし、「持っていってはいけない」というわけではないので、気持ち程度のものを贈りたいなら、今回説明した物を選ぶ際のポイントに注意して渡すようにしましょう。
手土産をどうするか迷ったり、品物選びで悩んだりしたら、マッチングコーディネーターに相談しましょう。どんな小さなことでも相談に乗ってくれるでしょう。婚活初心者や、奥手なタイプ、婚活を見守ってもらいたい方などは、サポート体制が整っている結婚相談所がおすすめです。