【婚活の始め方】始める前に確認したいことや年代別のおすすめ方法をご紹介

「婚活を始めたい」「結婚したい」と思ってはいるけれど、具体的にどうすべきか分からないという人もいるかもしれません。今回はそんな婚活初心者の方に向けて、婚活サービスの種類や始め方をご紹介。婚活女子メンタルサポート専門家の一色美華さんに、婚活を始める前にするべきことや、年代・性別ごとにおすすめの婚活を伺いました!婚活に興味があるけれど、何から手を付けるのがいいのか分からない人は、ぜひ参考にしてください。

婚活サービスの種類。そもそも婚活サービスにはどんな種類があるのでしょうか。それぞれの特性や、良い点・注意したいことなどを挙げてみました。そのサービスがどんな性格の人に合っているかもお伝えします。

結婚相談所。結婚相談所には、マッチングコーディネーターが自分に合った人を紹介してくれる「仲介型」、自分でお相手を検索して申し込みをする「データマッチング型」、その2つを合わせた「ハイブリッド型」の3タイプがあります。「仲介型」は、しっかりとしたサポートを受けられるので、真剣に結婚を考えている人や、恋愛に苦手意識がある人、人見知りする人、相談相手が欲しい人などに向いています。
自分だけでもある程度主体的に動ける人は、自分でお相手を検索したり、会ったりできる「データマッチング型」がおすすめです。いずれも必要書類を揃えて入会後、まずは自分のプロフィールを作成し、お相手探しをします。いいなと思うお相手に申し込みをして、マッチングしたらお見合いへ進みます。そこでお互いに好印象だったら、仮交際へ。さらにその中から1人を選んで真剣交際へと進みます。お互いに結婚の意思が固まったら成婚退会となります。結婚相談所では、結婚したい意志のある独身の男女が、事前に年収や独身証明書などの公的書類を提出した上で活動しています。結婚を目的としているため、相性がよければスムーズに結婚まで進めることが多いです。また、マッチングコーディネーターに相談ができたり、お相手の気持ちの確認をしてもらったりと、擦れ違うことなく交際を進めることができるのも特徴です。注意点としては、結婚相談所に登録するのに、公的書類やプロフィールの作成、写真など、さまざまな準備があり手間と時間がかかることです。また、サービス内容に応じた費用もかかります。

マッチングアプリ。アプリやウェブサイトでプロフィールを登録し、お相手探しをします。気になるお相手に「いいね」を送ってマッチングが成立したら、アプリ内のメッセージでやりとりができるようになるシステムです。簡単に登録ができたり、使用料などが比較的リーズナブルだったりと、手軽に始められることが魅力です。気軽に異性と知り合いたい人や、恋愛経験豊富な人、コミュニケーションが得意な人、自分の意思で行動できる人などにおすすめです。注意点は、手軽に誰でも始められることから、中には既婚者や遊び目的の人がプロフィールを偽って登録していることがあるという点です。自分自身でお相手を信用できるか否か見極める必要があります。

婚活パーティ。1対1のお見合い形式と、パーティ形式の2タイプがあります。独身の異性と知り合いたい人や、社交的な人、まずは会って雰囲気が分かってからやりとりをしたい人などに向いています。婚活パーティのメリットは、申し込みややりとりなどの会うまでの段階がなく、結婚を意識している異性に、直接会えることが魅力です。プロフィールのデータだけで判断されるのではなく、本人と最初から会えることは、実際に会って印象を確かめたいという人や雰囲気や会話を重視する人には大きなメリットです。注意点は、婚活パーティは複数の異性と同時に会うので、お見合い形式でもパーティ形式でも1人の人と10~15分程度しか話せないことが多い点です。 お相手と1対1で話せるのは短い時間なので、お相手のことを十分に知ることができなかったり、自分をアピールしたりすることにも工夫が必要になります。

街コン。居酒屋、バー、カフェなどで飲食を楽しみながら、恋人や友達が欲しい男女が集まるイベントです。幹事と知り合いではなくても参加できる、大規模な合コンをイメージすると分かりやすいでしょう。出会いを求める男女が集まるので、結婚はまだ先と考えている人や、気楽に異性とお話がしたい人なども気軽に参加できます。比較的リーズナブルな会費で参加でき、街コン会場に行けば異性と出会えます。また、異性とのふれあいや、コミュニケーションを取る練習にもなるでしょう。注意点は、結婚や恋人探しを目的とせず、純粋に交流を広めたいと考えている人も多いという点です。そのため、既婚者や恋人のいる人、遊び目的の異性もいる可能性があります。

婚活を始める前にするべきこと。仕事などで目標を早く達成するのに準備や計画性が必要なように、婚活も下準備をしっかりしたり、計画を立てたりすることが大切です。婚活をスムーズに進めるためには、どんなことを心掛ければよいのでしょうか。

「なぜ結婚したいか」を明確にする。「いい人がいたら」「〇歳だからそろそろ」など、「何となく結婚したい」と考えていては目標を達成するのに時間がかかってしまいます。婚活を始める前に、自分自身に「なぜ結婚したいか」を問い掛けてみてください。 「誰かと一緒に人生を歩みたいから」「結婚した友人が幸せそうだから」などと、理由はささいなことでもよいので、目的を明確にすることは大切です。

婚活における目標を設定する。「〇〇までに結婚する」「婚活期間は〇年にする」などと、婚活する期間を決めましょう。期限を決めないと、やる気が起きなかったり、真剣さに欠けたりと、ダラダラと時間だけが過ぎてしまう活動になりかねません。 婚活の期間を決めることで、効率的かつ、自分も意欲的になれるでしょう。

お相手に求める条件を整理する

居住地・年齢・年収・学歴などのお相手に求める条件は、多ければ多いほど当てはまるお相手が少なくなり、マッチングしにくくなるのは事実です。「なぜその条件が必要なのか」と、自分が出す条件を一つ一つ掘り下げてみること。また、譲れない点と、多少妥協できる点とで、条件の優先順位を決めていくのもよいでしょう。

結婚において重要視する点を整理する

「結婚に何を求めるか」「どんな人生を歩みたいか」など、自分が結婚で重要視することを探ってみましょう。自分のことが分からないまま婚活を始めては、どんなお相手が自分に合うかも分かりません。例えば、価値観の一致が大切な人もいれば、安定した生活が欲しい人もいます。将来子どもが欲しいから、「子どもを好きか否かがポイント」などと、自分が重視したい点を考えることで、お相手に求めることが見えてきます。

【年代・性格別】おすすめの婚活の始め方

最後に、年代別におすすめの婚活の始め方を紹介します。それぞれ社交的なタイプと奥手なタイプによる婚活方法もお伝えします。

20代の婚活の始め方

20代はまだまだ出会いのチャンスがあるので、異性を知るための気軽な「恋活」からスタートしてもよいでしょう。マッチングアプリや街コン、婚活パーティなど、気軽に参加できるものがおすすめです。
社交的なタイプは、マッチングアプリ、街コン、婚活パーティなら、得意な社交性を発揮できます。自分の性格を生かして、楽しみながら婚活できるでしょう。 
異性に対して奥手な場合は、街コンや婚活パーティに、まずは友人と参加してもよいかもしれません。気心の知れた友人が一緒なら安心ですし、リラックスして参加できるので、初対面の異性とも打ち解けやすくなります。

30代前半の婚活の始め方。

結婚相談所も視野に入れつつ、マッチングアプリなども並行して進めてみるのがおすすめです。自分の性格に合った婚活方法を選べば問題ありません。社交的なタイプは、マッチングアプリや婚活パーティでも十分に出会いはあるので、いろいろな婚活を試してみましょう。気軽な出会いだから、遊び目的の人や結婚願望がない人しかいないというわけではありません。自分に合った方法を見つけられると、婚活もスムーズに進むはずです。30代で奥手な自分を自覚しているなら、結婚相談所がおすすめです。ポイントは、「自分に合ったサポートあるか」と、「担当者との相性がよいか」です。何軒か無料相談でお話を聞いてみるとよいかもしれませんね。

30代後半~40代の婚活の始め方。結婚願望のあるお相手に効率的に出会える結婚相談所での婚活がベターです。社交的なタイプは、「データマッチング型」の結婚相談所や、婚活パーティに参加して、とにかく出会いを増やしましょう。そして、いいなと思う人に出会ったら、自分から積極的にアピールしていきましょう。異性に対して奥手な人は、サポートのしっかりした「仲介型」の結婚相談所での活動がおすすめです。婚活をうまく進めるためには、自分のことを理解してくれて、時には耳の痛いことも言ってくれる、自分に合ったマッチングコーディネーターに出会うことが大切です。

自分に合った婚活方法を見つけよう。婚活は誰もが最初は初心者で、慣れないことばかりでしょう。しかし、「結婚したい」と思ったなら、まずは動いてみましょう。婚活サービスもいろいろな種類や特性がありますので、自分に合った婚活方法が見つけられるといいですね。