相談所における「真剣交際」とは?注意点や交際期間中にやっておきたいこととは

結婚相談所における「真剣交際」とは

お見合い後、お互いが「もう一度会ってみたい」となったら、「仮交際」というステージになります。複数交際が可能で、お友達の期間である仮交際に対して、「真剣交際」は一対一で結婚に向けてお相手と向き合っていく期間のことです。真剣交際のステージになると、結婚を前提として交際する状態ですので、他の仮交際中の人とは全て交際終了し、新しい紹介もストップします。いわゆる、カップルがお付き合いしている状態です。そして、この期間に結婚の意思が固まったら、成婚退会となります。

結婚相談所における真剣交際での注意点

真剣交際での注意点にはどんなことがあるのでしょう。他の異性の紹介がストップする。仮交際を経て真剣交際にステージが上がると、現在仮交際中の他のお相手と交際を終了しなければいけません。また、新しい紹介はストップし、新たなお見合いもできなくなります。

真剣交際の期間が決められていることがある

基本3カ月で、半年まで延ばすことができるなど、真剣交際の期間が決まっている場合があります。人生における大切な決断なので、もう少し時間をかけたいと思う人がいるかもしれませんが、期間を決めないと、ダラダラと時間だけが過ぎていくケースもあり得ます。結婚に向けて進んでいく時期ですので、交際期間は確認しておきましょう。お泊まりや旅行が禁止されていることが多い。真剣交際といってもまだ結婚を決めたわけではありません。多くの結婚相談所では、婚前のお泊まりや旅行を禁止しています。このルールによってお互いを守りますので、結婚相談所の規定になかったとしても、これは守った方がいいでしょう。

交際終了の場合は結婚相談所を通す

結婚相談所での出会いの場合は、どんなにお相手との距離が近くなっていても、何らかの事情で交際を終了するときは、結婚相談所経由で交際終了をします。その後は、一切の連絡は禁止です。トラブルを防止するためのルールですので、守った方が自分のためにもなります。

真剣交際中にやっておきたいこと

これから人生を一緒に歩む相手を見極めるためには?真剣交際中にやっておきたいことや、確認したいことを挙げてみました。

デートの回数を重ねる

お相手と一緒にいるときの居心地のよさは、これから長い時間を一緒に過ごす相手としてとても重要です。会う回数が少ないとわからないことも多いので、デートの回数を重ねましょう。お互いに気を使いすぎず楽しく過ごせているか、自分らしく伸び伸びできているかなど、デートの後に振り返ってみるといいでしょう。なかなか打ち解けられなかったり、違和感を覚えたりすることがあるかもしれません。そんなときは一人で悩まずマッチングコーディネーターに相談しましょう。

将来設計や金銭感覚の擦り合わせをする

大きく価値観が違うと、結婚してもその後の関係をうまく続けていくことは難しくなってしまいます。結婚生活をシミュレーションして、どこに住んで、どんな生活をしたいかなどの擦り合わせをしておくこと。結婚後の不安も軽減できますし、結婚生活がイメージできて成婚へも進みやすいでしょう。金銭感覚なども確認し合っておくとよいです。お金のことは話しにくい内容ではありますが、これから結婚するならお互いに知っておく必要がありますし、話しづらいことも「きちんと話し合えるか」ということはとても重要です。

お互いの“トリセツ”の交換をする

お互いの好きなことや嫌いなこと、喜ぶことや機嫌が悪くなること、こだわっていることなどを話しておくと、早く理解し合えます。案外自分のことをわかっていない人も多いので、婚活を始める前に「自分と向き合う」ことをしておくといいかもしれませんね。

意見が合わないときはどうするか話しておく

結婚生活が始まると、価値観や習慣の違いは必ずあります。価値観のズレから気持ちが擦れ違ったり、時には感情的になってしまったりすることもあるでしょう。関係が悪くなってからはなかなか話し合いが難しいので、意見が合わないときやけんかしたときはどうするか、ふたりの関係がよいときに話し合っておくと大きなトラブルにならずに済みます。

お互いの親や友人に会う

結婚は周りの人たちからの祝福があると、より実感したり、喜びが倍増されたりします。結婚前にお互いの親だけではなく、友人などにも会っておくと、より深くお相手を知ることができて安心です。どのタイミングで親にあいさつするかも話しておくとよいかもしれませんね。

結婚の意思を確認する。きちんとプロポーズをして、はっきりと「結婚してください」と伝えること、お相手のプロポーズにきちんとお返事をすることは大切です。「結婚する」という意思を、お互いに確認しましょう。このとき、ふたりの温度差があると擦れ違ってしまうかもしれません。お相手も同じ気持ちだと確信が持てない場合は、マッチングコーディネーターに相談してみるとよいでしょう。

迷ったらマッチングコーディネーターに相談を。人生における大きな決断をしなければいけない真剣交際。「一緒にいて居心地がいい」と感じたり、「この人だ」という直感があったりしたら、結婚へとかじを切ってもよいかもしれませんね。
ゼクシィ縁結びエージェントでは活動中にも、マッチングコーディネーターに相談することができます。なかなか決断できないときは、プロの意見が聞けるのも結婚相談所の婚活の強みです。