結婚相談所での婚活に疲れたら?複数回のお見合いなど“婚活疲れ”の乗り越え方!

結婚相談所での婚活に疲れたと感じるとき

婚活は自分の努力だけでは成果が出せないこともあるので、頑張っていてもなかなかうまくいかないときもあります。結婚相談所での婚活では、どんなときに疲れたと感じるのでしょうか。 

思ったような成果が出ないとき

婚活を始めてもお相手に「申し込み」をする勇気が持てなかったり、「申し込み」をしても「お断り」されてしまったり、申し込んでくれる人はあまり気分が乗らなかったり……。
婚活を始めた当初から、イメージ通りの活動になっている人は少ないでしょう。自分が思い描いていた結果にならないと疲れたと感じてしまう人はいます。

「お断り」が続き自信をなくしたとき

お相手からの「お断り」が続くと、「自分に魅力がないのか」とか、「このまま結婚できないのか」と落ち込んでしまう人もいるでしょう。
結果が出ないのは自分に問題があるからだと自信をなくすと、婚活を頑張ろうと思う気持ちがダウンしてしまいます。

婚活を頑張りすぎているとき

婚活を始めると、毎日の仕事や生活に婚活の時間が加わります。休日はお見合いやデート、知り合ったばかりの相手とメールやLINEでやりとり、次のデートに向けての洋服や肌のお手入れなど、予想以上に時間が取られます。
単純に、婚活のために時間を取りすぎたり、頑張りすぎたりしてしまうときも、疲れたと感じる人はいるでしょう。

婚活に疲れたらどうすればいい?

婚活は、途中で諦めてやめてしまうと、「結婚したい」という目的は叶わなくなってしまいます。たとえ疲れたとしても結婚したいのであれば、「次はうまくいくかもしれない」「こんなときもある」と気持ちを切り替えたり、自分の好きなことや友達との時間をつくって気分転換をしたりして続けることが大切です。
どうしてもつらいと感じるなら、婚活をいったん「休む」という選択肢もあります。ゼクシィ縁結びエージェントでは休会制度もありますので、もし疲れたときはお休みすることも可能です。 

結婚相談所での婚活疲れの乗り越え方6選!

結婚相談所での婚活に疲れたときはどうすればよいのか。気持ちの切り替え方や乗り越え方など具体的な方法を教えます。

必ず成功すると信じる

成婚した人に共通することは、「諦めなかったから」という理由が多いです。「必ず結婚する」と自分を信じている人は、少しくらいうまくいかないときでも諦めず、目的に向かって進んでいます。
何のために結婚するのか、いつまでにそれを叶えるのか、どんな結婚生活を送りたいのかなどを、紙に書いてみましょう。疲れたときは、それを見ると元気が出るかもしれませんよ。

うまくいかないことをプラスに捉える

お見合いがうまくいかなかったとしても「今回はいつか出会うお相手のための練習だったんだ」とか、たとえご縁に繋がらなかったとしても「お見合いやデートを重ねることで、初対面の人と話すことに慣れてきた」など、うまくいかなかったことも見方を変えればプラスになります。
お見合いやデートが義務のようになってしまっては、なかなか良い結果は出ません。どうしたら楽しく活動できるか考え、自分で自分の機嫌を取れるようにすることも大切です。

自分磨きを始めてみる

疲れたときは、自分磨きをして外見をブラッシュアップしてみるのも一つの手です。今まで試したことのないファッションやメイク、ダイエットなどに挑戦してみてはいかがでしょうか。
見た目が魅力的になると、気分も上がって、婚活へのモチベーションもアップするでしょう。

活動を振り返り仕切り直しをする

結婚相談所やプランによってできないところもありますが、マッチングコーディネーターと一緒に活動の振り返りをしましょう。申し込みをした人数や申し込まれた人数、お見合いの数などを知り、改めてターゲットとするお相手の年齢や年収、職業などを分析してみること。
その分析を基に、プロフィール文や写真を変えてみたり、今まで申し込んだことのないタイプの男性に申し込んでみたりと、仕切り直しをすることで、婚活の流れが変わるかもしれません。

他の結婚相談所や婚活方法の利用も検討する

活動がうまくいっていないなら流れを変えるために、他の結婚相談所や婚活方法の利用を検討してみるのも一つの方法です。
異なるコミュニティーに入ることで、出会いの幅が広がるだけでなく、気分も変わるでしょう。

思い切って休む

疲れたときに役立つのが休会制度です。
しばらくは婚活のことは忘れて、思い切り好きなことをして過ごしてみてください。おいしいものを食べたり、友達と遊んだりして、気分転換するとよいでしょう。精神的に疲れたときには、ヨガやウオーキングなどで体を動かしたり、エステやマッサージに行ったりして自分を癒やしてあげることもおすすめです。
ただし、再開目安を決めずに休むとそのままやめてしまうことにもなりかねないので、マッチングコーディネーターと相談して期間を決めてお休みしましょう。

疲れたらコーディネーターに相談もおすすめ

婚活は、最初から思い通りにいく人は少なく、多くの人が試行錯誤を繰り返しながら頑張っています。結婚相談所での婚活に疲れたときは、1人で悩まずコーディネーターに相談しましょう。正直な自分の気持ちを打ち明けることで、負担を軽減できるかもしれません。
ゼクシィ縁結びエージェントでは、活動期間中もマッチングコーディネーターに相談できます。婚活を二人三脚でサポートするので、疲れたり、不安になったりしたことも話してみてください。あなたにとっての「幸せ」に導いてくれると思いますよ。